SIMULIA/Abaqusの”トークン (Token)”とは?

Products
Customer
Customer

Abaqus導入検討の話しになると、“トークン”というキーワードが出てきますが、”トークン”とは何ですか?

NSS
NSS

“トークン”とは、Abaqusで解析を実行する時に必要なライセンスの数え方(ライセンス数の単位)です

NSS
NSS

Abaqusソルバ(製品)ごとに設定されたトークン数と同時使用実行数に応じて、必要なトークン数が決まります

以下、例を挙げながら、もう少し詳しく見ていきましょう

SIMULIA/Abaqusの“トークン”とは?

トークン(Token=Token-based license model)は、Abaqusで解析を実行する時に必要なライセンスの数え方(ライセンス数の単位)です。

Abaqusの人気商品である“QAX (単位: シート) + QXT  (単位:トークン)”を例に見ていきましょう。(これらQAXとQXTは、2つ1セットでの販売となります。)

  • 数え方と役割:
    • QAX* 1 シート (使用目的: AbaqusのGUI使用、メッシュ生成や境界条件等、メインプロセッシングで必要なデータを作成する部分(プリプロセッシング)、解析結果の表示)
    • QXT* 5 トークン (使用目的: 計算やシミュレーションに必要なAbaqus ソルバ(=製品)の使用)

必要なトークン数の決め方

下記1)と2)で、必要なトークン数が決まります。

1) どのAbaqusソルバ (=どの製品)を使うか。 (Abaqusソルバによって、必要なトークン数が決定します。)

    例えば:

  • Abaqus/Standard と Abaqus/Explicitに必要なトークン数: 5トークン
  • Abaqus/AMS と Abaqus/AMS (Standard) に必要なトークン数: 10トークン

2) 計算に使用するバードウエアのコア数(CPU数)。 (より高スペックのサーバで、より高速の計算を求めると、より多くのトークン数が必要になります。)

    例えば:

  • Abaqus/Standard と Abaqus/Explicitを4コアのサーバで計算する場合に必要なトークン数:  8トークン
  • Abaqus/Standard と Abaqus/Explicitを12コアのサーバで計算する場合に必要なトークン数:  14トークン

[演習] 必要なトークン数を計算してみましょう!

質問: 下記 “1.” と “2.”の条件を満たすためのトークン数はいくつでしょうか?

→ 条件:

  1. 衝突解析や落下試験解析を実施したい
  2. 8コアの計算サーバを使用したい

→ 計算ステップ:

  • ステップ1. “1.”を実施するため、Abaqusソルバ(製品)は、 “Abaqus/ Explicit Package”が必要です
  • ステップ2. “Abaqus/ Explicit Package”を使用するには、最低5トークン必要です
  • ステップ3. “Abaqus/ Explicit Package”を8コア の計算サーバ(=“b.”)で実施するには、12トークン必要です

回答: 上記“1.” と “2.”の条件を満たすためのトークン数は、12トークンです。

Comments

Copied title and URL